電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

不当解雇・退職勧奨を
川崎の弁護士に相談

不当解雇・退職勧奨かも?と思ったら

不当解雇・退職勧奨でこんな目に遭ったことはありませんか?

不当解雇・退職勧奨でこんな目に遭ったことはありませんか?

  • 仕事ができないからといって会社をクビになった
  • 会議室に呼び出され、執拗に退職を迫られた
  • コピー取りなどの雑務しかやらせてもらえない
  • 身に覚えはないのに、突然解雇予告通知書が届いた
  • 「退職合意書」にサインする前に、ご相談ください。

解雇権濫用法理

ちょっとしたミスがあったとか、会社の人間関係や社風と合わないといった些細な理由で解雇にすることは許されません。これは解雇権濫用法理と呼ばれ、日本の労働者は解雇されてもその解雇が無効と判断されることが多いのです。
但し、例外もあります。次は典型的な解雇有効のパターンです(但し程度に寄ります)。

  • 業務命令違反
  • 会社の金を横領したり、経済的損失を与えた
  • セクハラやパワハラ
  • お客様の声
  • 解決事例
何度でも相談無料
まずはお気軽にご相談ください まずはお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-666-694

平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

メールでのお問い合わせはこちら <24時間受付>メールでのお問い合わせはこちら

豊富な解決実績!

累計解決件数
2,011
累計解決金額
34億9618万1308円
  • 上記件数は、2011年1月以降に解決した実績数です。
  • 実績数は残業代請求、不当解雇、労働災害等、労働問題の累計数となります。
  • 解決実績の件数には復職して解決したケース等、解決金額0円のものも含みます。
夜間 ご来所相談をご希望の場合

夜間 ご来所相談をご希望の場合

「退職を強要されて困っているけれど、会社に知られたくないから平日昼間には法律相談に行けない」「平日の夜に、ゆっくり弁護士と話ができる時間を取ってもらいたい」
などのように、様々な事情で営業時間内にお越しいただくことが難しい方のために、べリーベスト法律事務所 川崎オフィスでは平日夜間の法律相談にも対応しております。

平日の夜間相談をご希望の場合は、あらかじめご希望の日時をお電話またはメールで当事務所のスタッフにご連絡ください。できるだけお客様のご希望通りのお日にちや時間帯に、お部屋を準備してお待ちしております。すでに解雇されてしまった方だけでなく、在職中で不当解雇や退職勧奨のことでお困りの方も、お気軽にご相談ください。

神奈川県・川崎市で不当解雇や退職勧奨についてお悩みの方へ

神奈川県川崎市内またはその周辺エリアで、不当解雇や退職勧奨のことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、べリーベスト法律事務所 川崎オフィスまでご相談ください。

日本の法律では、会社が労働者を簡単に解雇することはできないようになっています。これは、会社が労働者を簡単に解雇できてしまうと、労働者の経済的基盤がたちまち不安定になり、労働者自身やその家族の生活に大きく影響を及ぼしてしまうためです。

ところが、最近は非正規労働者の増加により、労働者としての立場がおびやかされるケースが増えています。特に最近では、長期で派遣社員や契約社員として勤務してきた人が雇い止めに遭う「2018年問題」と呼ばれる問題が深刻になっています。

この問題の背景は、労働契約法と労働者派遣法の改正にあります。
2012年に改正労働契約法が施行され、2013年4月1日以降に有期雇用契約を締結した場合、労働者が5年後の2018年4月1日から雇用契約を無期に転換するよう申し入れができるようになりました。

また、2015年には改正労働者派遣法が施行され、派遣労働者が同じ事業所で働ける期間の上限が原則3年となりました。その最初の期限が2018年9月末となっています。つまり、この2つの法律が初めて同時に適用されるのが2018年なのです。現に、同じ勤務先で何年も働いてきたベテランの派遣社員や契約社員が最近になって次々に通告され、そのことがマスコミやメディアでも取り上げられています。

有期雇用契約でも、契約が何度も更新されて雇用期間が長期に及んでいる場合は、事実上無期雇用と変わらないとして、「雇い止め」が「解雇」とみなされ、不合理な雇い止めは無効となると考えられています。そのため、上記のケースに該当すれば、不当解雇であるとして会社側に撤回を求めることができるのです。

べリーベスト法律事務所では、これまで数々の不当解雇や退職勧奨の解決事例を積み重ねてまいりました。この豊富な解決実績のもと、べリーベスト法律事務所 川崎オフィスの弁護士が不当解雇や退職勧奨の問題を解決へと導きます。

まずはお客様の置かれた状況について担当の弁護士がじっくりお話を伺い、お客様のご希望に合わせた解決方法をご提案いたします。会社との交渉の窓口は、すべて当事務所の弁護士となりますのでご安心ください。

不当解雇や退職勧奨に関する法律相談は初回60分間無料です。
べリーベスト法律事務所 川崎オフィスでは、川崎市のみならず、周辺のエリアに在住・在勤の方のご相談も承っておりますので、お出かけのついでにお気軽にお立ち寄りください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

川崎オフィスの主なご相談エリア

川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、東京都大田区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市西区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、木更津市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方

ページ
トップへ