電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

海難事故(水難事故)問題を
川崎の弁護士に相談

こんなことでお困りではありませんか?

  • 海や湖沼、河川において、他の船舶に衝突されてケガをしてしまったので、相手方に対して治療費などの損害賠償請求をしたい。
  • プレジャーボートで事故を起こし、自分も相手方もケガをしてしまったが、相手側との交渉をどのように進めればよいかわからない。
  • 水上バイクで船と衝突し、ケガをしてしまったため仕事を休むことになり困っている。
  • 客として釣り船に乗船中、船長の操船ミスで事故が起き骨折した。後遺障害が残りそうにもかかわらず、保険会社からは治療費の打ち切りを求められてしまった。
  • ラフティング、キャニオニング、カヤックなどの体験コースに参加中、注意事項を守っていたのにもかかわらずケガをしてしまった。
川崎港、鶴見つばさ橋

イメージ:鶴見つばさ橋

プレジャーボート、ヨット、ジェットスキーなどの船舶による海での事故は、沈没や座礁、他の船舶との衝突など、海上ならではの特性があり、ケガや船舶自体の損害にとどまらず、救助費用、衝突による相手側の船舶や積荷への損害賠償責任など、海難事故特有の事案も発生します。
またラフティングやキャニオニング、カヤックなどの河川、湖沼で行うレジャー中に発生した事故の損害賠償請求についても、運営会社や保険会社を相手にどのように交渉を進めればよいのか悩ましいものです。
べリーベスト法律事務所では、事故案件の実績豊富な弁護士を中心に、パラリーガル(法律事務員)、医療知識豊富なメディカルコーディネーターで構成された事故専門チームが、保険会社や相手側との交渉、訴訟に対応いたします。

船舶の衝突事故などの水の事故における損害賠償被請求に対応します

  • 海難事故(水難事故)事故によって、相手にケガを負わされてしまった場合の対応
  • 所有する船舶等が漁船(漁具)や商用船に損害を負わされた際の対応
  • 水のレジャー(ラフティング、キャニオニング、カヤック)中の事故でケガを負った場合の運営会社や保険会社との交渉

海難事故(水難事故)問題をベリーベスト法律事務所に依頼する6つの理由

  • 01
    事故専門チームが対応
  • 02
    全国49拠点
  • 03
    初回相談60分無料・着手金無料
  • 04
    交渉などを弁護士に全て任せられる!
  • 05
    慰謝料の増額交渉
  • 06
    後遺障害の適切な主張


川崎で海難事故(水難事故)のご相談をお考えの方へ

川崎市周辺で海難事故(水難事故)についてお困りの方は、ベリーベスト法律事務所 川崎オフィスへご相談ください。

東京都と隣接し、ビジネス・工業の街として知られる川崎市は、大都会でありながら多摩川や東京湾など豊かな水の自然を抱えるエリアです。

多摩川は川遊びのスポットとして人気が高く、気候の良い時期には水遊びをする子どもたちも多数見られます。また東京湾では釣りも楽しめるため、地元住民のみならず、東京などから遊びにくる方も少なくありません。

こういった水のレジャーは人々の楽しみでもある一方、一定の危険も伴います。多摩川では毎年のように子どもがおぼれる事故が起きており、東京湾でも漁船や遊覧船の衝突事故がたびたび発生しています。「学校のイベントで川遊びに行き、教師が目を離したときに川に落ちた」「船を操舵していた船長が居眠りをして岸壁に衝突した」など、引率者やレジャー運営者の過失により事故に巻き込まれてしまうこともあります。

交通事故と違って海難事故(水難事故)はあまり一般的ではないため、事故で被害を受けても「誰に責任を問えばいいのかわからない」「賠償金はもらえるのだろうか」などと、対応方法がわからず悩む方は少なくありません。

水の事故では事故が起きた場所や状況のほか、海上交通に関するルールや各種法律などを考慮して相手の責任を問い、損害賠償請求を求めていく必要があります。まずは弁護士に相談しましょう。

ベリーベスト法律事務所では川崎市や近隣にお住まいで、水難事故でお困りの方をサポートしております。相手方が加入する保険会社から賠償金を提示されている方もいらっしゃると思いますが、その金額はあくまで保険会社の事情に合わせて算出されたものであり、必ずしも妥当ではありません。また交渉のプロである保険会社に賠償金額をアップさせるのは簡単ではなく、やりとりで疲弊してしまう方も珍しくありません。そこで弁護士は過去の事例や判例、ケガの程度などを考慮し、お客さまの代わりに保険会社と交渉をし、適切な賠償金額を得られるように力を尽くします。

また相手方との交渉の内容によっては、裁判を起こすこともできます。お客さまの負担をできるだけ軽くするため、書類の作成や裁判対応も可能な限り代行いたします。事故で負った後遺障害の等級認定サポートも可能です。

当事務所は水難事故や交通事故を専門的に扱う「事故専門チーム」を有しています。事故に関する法律や事例に詳しい弁護士のほか、パラリーガル(法律事務員)やメディカルコーディネーターも所属しており、川崎オフィスをはじめ全国のオフィスと協力してトラブルの解決に当たっています。

「引率者が目を離し子どもが川で溺れた」「遊覧船が岸壁に衝突してケガをした」などのトラブルを抱え、相手への賠償を考えている場合は、どうぞ当事務所にご相談ください。当事務所の弁護士は、事故に遭われたお客さまのお気持ちに寄り添い、事故の状況や相手方の対応などを詳しくお聞きし、解決方法を検討します。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >
メールでのお問い合わせ

川崎オフィスの主なご相談エリア

川崎市川崎区、川崎市幸区、川崎市中原区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市宮前区、川崎市麻生区、東京都大田区、横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市西区、横浜市中区、横浜市南区、横浜市保土ケ谷区、横浜市磯子区、横浜市金沢区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市港南区、横浜市旭区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、横浜市栄区、横浜市泉区、横浜市青葉区、横浜市都筑区、木更津市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、相模原市緑区、相模原市中央区、相模原市南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡愛川町、愛甲郡清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、高座郡寒川町、中郡大磯町、中郡二宮町、小田原市、南足柄市、足柄上郡中井町、足柄上郡大井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡開成町、足柄下郡箱根町、足柄下郡真鶴町、足柄下郡湯河原町にお住まいの方

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ